ステークカジノのエディ社長との一攫千金トーナメント

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

EN 関連タグ 関連タグ 経営 国際 課外 校友・卒業生 EN 大学時代に培ったスポーツマネジメントでパラスポーツを通じたD&I*社会の実現へ 掲載日 2021/7/12 No.86 日本財団パラリンピックサポートセンター経営学部卒業 影山 範子 OVERTURE 大学での学びのフィールドは、キャンパス内のみならず、海外留学やインターンシップ、ボランティアを通じて世界中に広がっています。大学時代にスポーツマネジメントを学び、全日本・関東大学サッカー連盟のスタッフとしてその実践を経験した影山さんは、パラスポーツの普及、それを通じたD&I社会実現を推進する立場で活躍しています。 ※D&I・・・ Diversity&Inclusion (ダイバーシティ&インクルージョン)組織の中でダイバーシティ(Diversity)によって多様性を高めるだけでなく、そこに属する人が個人として尊重されながら、構成員の一人としてその違いを生かし、力が発揮できるように積極的に環境整備や働きかけを行っていくこと パラスポーツの浸透を目指しさまざまなイベントを開催 日本財団パラリンピックサポートセンターは東京パラリンピックを一つの契機に、パラリンピック競技団体の基盤整備と、パラスポーツを通じたD&I社会の実現を大きな目標に設立された組織です。各パラリンピックの競技団体は総じて小規模で、個人が自宅を事務所にして休日に作業をしたり、競技大会の開催で精一杯で、普及活動や広報活動にまで、なかなか手をかけられないという状況でした。それを改善するために日本財団内に各競技団体の事務所を無償で提供し、ガバナンスの強化やスポンサーの営業活動、広報活動などできちんと自走できるように、体制づくりのお手伝いをしてきました。「ParaFes 2019」の様子©日本財団パラリンピックサポートセンター 私は現在、広報部のSNS運用担当と推進戦略部のプロジェクトリーダーを兼務し、パラリンピックやパラスポーツの魅力、そしてそれらを通じたD&I社会実現の可能性について、様々な情報発信やイベントの企画・運営をしています。まだパラスポーツに出会ったことのない方々の入り口になればと、著名な歌手やタレントの皆さんの力をお借りしながら、パラスポーツ×音楽を融合させた新感覚のフェス、『ParaFes』や、障がい者と健常者が一つのチームとなりタスキをつなぐ新しいカタチのスポーツイベント『パラ駅伝』といったイベントを開催し、最近ではおかげさまで反響も大きくなり、チケットが売り切れるまでになりました。以前なら、障がいやD&Iといったことをテーマの一つにしたイベントでのチケットの完売は簡単なことではありませんでしたが、来場されたお客様たちがそれぞれの固定概念を捨て、D&I社会とはいかなるものかを体感し、応援してくださるようになり、手応えを感じています。「パラ駅伝 in TOKYO 2019」の様子©日本財団パラリンピックサポートセンター 留学経験から芽生えた思いスポーツを通じた社会貢献 私は青山学院高等部に入学し、英語習得を目的に2年生の夏から1年間、アメリカのカリフォルニア州で過ごしました。留学先で高校卒業資格も取得しましたが、日本の大学に進むつもりだったので3年生の2学期に高等部へ戻り内部進学をしました。アメリカで驚いたことといえば、留学してすぐ、ブッシュ元大統領が再選された大統領選挙の時期を迎えたのですが、高校生たちがどの候補者を支持するか、ランチタイムや放課後に集って自主的に討論会を開催していたことです。まだ選挙権を持たない高校生たちでさえ自国の将来について思いを巡らせ真剣に話しあうのが当たり前という日常が衝撃的で、私も自分の国についてもっと知り、考えるべきだと痛感させられました。 パラサポオフィス©日本財団パラリンピックサポートセンター そんな経験を経て、帰国後に観戦したのが、2016年のサッカードイツワールドカップの予選だったのですが、ゴール裏でサポーターたちが国歌を歌い盛り上がる姿を目にしたとき、スポーツは国民の心をつなぎ、一つにする可能性に満ちているコンテンツだと気が付き、スポーツを通じて日本に貢献したいという気持ちが芽生えました。留学以前から大のサッカーファンでしたが、サポーターたちの熱い声援を耳にし、改めてスポーツが持つ力の大きさに気づかされたのです。 経営学部の授業で出会ったスポーツマネジメント そしてその後、内部進学で経営学部に入り受講した宮崎純一先生の「スポーツマネジメント」の授業で、私は初めてスポーツマネジメントという概念を知り、自分のやりたいことはまさにこれだと思い当たりました。宮崎先生は当時、教壇に立つ傍ら体育会サッカー部の監督も務めていらっしゃいました。授業では教科書をほとんど使わず、スポーツビジネスで活躍する方がゲストとして登壇して、まさに生きたスポーツマネジメントをこれでもかと学ぶことができました。サッカー日本代表のスタッフやスポーツメーカーの社員などスポーツ界の現場にいる方々から生の声を聞けるのが楽しみで、履修にかかわらず4年間、時折足を運び聞きに行っていたほどです。全日本大学サッカー選手権大会|大学4年次 留学から帰国後、一途にサッカーに関わる仕事を志望していたものの業界情報は少なく、就職活動もどうすれば良いか分からずにいたので、先生の授業は将来を考えるうえでたいへん役立ちました。宮崎先生に出会わなければ自分は今ここにたどり着けなかったといえるほど影響を受け、今でもとても感謝しています。そして、3年次から参加したゼミナール(ゼミ)では、広告業界で活躍され、「広告論」等の授業を担当された小林保彦先生から多くを学ぶこととなりました。スポーツというのは非常に特殊なコンテンツで、観戦チケットを購入した時点ではサービスの品質が保証されていません。せっかくチケットを買って現場に行っても良い試合になるかどうか分からない、いわば“生モノ”なので、プロダクト広告とは違うコミュニケーションが必要になるはずだと考え、広告をビジネスの側面だけでなく、さまざまなコミュニケーションの側面からも学びたいと思ったのが、小林先生のゼミを志願したきっかけでした。中でも、「生きていること、そこにあるということ、それが広告活動である」という先生の考え方はとても印象に残っています。うわべの言葉だけではなく、本質をきちんと伝えることの重要性を学んだこの言葉は、今でも自分の根底にあり、とても大切にしています。 全日本・関東大学サッカー連盟スタッフとしてスポーツマネジメントを実践 課外活動は、全日本・関東大学サッカー連盟(学連)のスタッフとして、1年次の終わりから体育会サッカー部に参加していました。学連ではトップリーグを構成する1部と2部の24の大学から50名ほどが学連スタッフとして選出され、広報物の作成、エントリーなどのチーム管理、会場の確保や審判の派遣、当日の運営まで、リーグ戦に携わるほぼすべての仕事を、学生たちだけで行っています。これはまさに、スポーツマネジメントの実践でした。当時、大学サッカー界はプロになる選手も多く擁し、非常にレベルが高いにもかかわらず知名度は低く、それが悩みのタネでした。そこで私はより多くの方に大学サッカーを知ってもらおうと、既存の広報チームとは別に新たなプロモーションチームを立ち上げ、いくつもの施策を行いました。中でも印象深かったのは、全日本大学サッカー選手権大会のプロモーションとして行った「I PLAY FORプロジェクト」です。これは全国大会に出場する選手たちに「あなたは何のためにサッカーをしていますか」と尋ね“I PLAY FOR”に続く言葉を発信するという内容でした。おのおのの思いを込めて書いた“I PLAY FOR”のボードを掲げた選手の写真をメディアに展開したり、アルバムを作成して販売したり、国立競技場で行われた決勝時には、何千枚もの彼らの写真をコンコース上に展示したりといった活動もしました。その後、プロとして日本代表で活躍する選手なども参加してくださり、彼らの言葉を世の中に届けることのできたこのプロモーションは、とてもおもしろくやりがいのあるもので、今の自分にもつながる経験になったと感じています。全日本大学サッカー選手権大会|大学4年次 障がいとは、人の内側ではなく社会にあるもの 大学でスポーツマネジメントと広告を学びながら全日本・関東大学サッカー連盟の活動で実績を作り、卒業してからはJリーグのクラブチームにスタッフとして就職しました。その後、古巣である全日本・関東大学サッカー連盟の職員に転籍し、合計して5年ほどサッカー業界で働いていました。そして、次のステップへ進むために改めてPRの仕事でプロを目指そうと勤めたPR 会社に在籍中、現職の募集情報を目にして次のステージに挑戦しようと決めました。当初は私自身、スポーツといえば健常者競技しか頭にありませんでしたが、ダイバーシティや共生社会という言葉が世の中で少しずつ広がりを見せていたこともあり、これまで培ってきた知識を、今度はパラスポーツで生かして挑戦したいと考え、2018年に現在の仕事に就きました。 この仕事を通して感じたのは、パラアスリートたちの考え方や視点は、今までの自分の価値観を変え、世界を広げてくれるものであるということでした。パラアスリート、障がいのある方だけでなく、自分と価値観や考え方など、様々な違いがある人たちとこそ、タッグを組むことで最高におもしろい世界が作れるということ。そして何より、ダイバーシティな環境と思考は、人々の人生をたしかに豊かにしてくれるということです。時々、障がいとはなにか、と考えることがあります。私たちは、車いすに乗る人、白杖を持ち歩く人を障がい者といいますが、障がいはその人々のことを指すのではもちろんありません。車いすの人にとっての階段が障がいであり、白杖を持ち歩く人にとっての点字ブロックをふさぐ自転車が障がいという考え方もあります。そしてそれらは、周囲の人々の少しの手助けや声がけによって、クリアになることがあります。つまり、障がいは人の中にではなく社会にあり、そしてその障がいは人の心で減らすことができる。人生はどのようにしたら豊かになり、どのようにしたら豊かな人になれるのか。私は今、パラスポーツ、そしてパラアスリートたちの言葉からそれを学んでいます。 影山さんの1日 パラサポオフィス©日本財団パラリンピックサポートセンター AM 9:00 出社パラスポーツやD&I、SDGsに関連するニュースをリサーチ パラサポオフィス©日本財団パラリンピックサポートセンター AM 10:00 Twitter、Instagram、Facebookの当日投稿内容の検討 PM 0:00 ランチ PM 1:00 定例ミーティング PM 2:00 新規事業開発チームのプロジェクト内容検討、企画書の作成、制作会社との打ち合わせ、イベントのキャスティング、事務所との打ち合わせなど PM 5:00 退社 卒業した学部 経営学部 21世紀を見通す長期展望のもと、企業の視点で考える「経営学科」と消費者の視点で考える「マーケティング学科」の2学科で、企業と社会(消費者)という、2つの方向から現代の経営を照射し、その飛躍、発展に資する先端的な研究・教育拠点を目指します。 50年以上の歴史と伝統を持つ「経営学科」では経営のプロに普遍的に求められる会計・金融・マネジメントにおける先端理論と実践技術を提供します。 「マーケティング学科」では青山キャンパスがある“渋谷・表参道エリア”という国際性、創造性に富んだ地の利を生かして、消費者が真に求める文化、情報、感性といった面をビジネスに導き入れ、独自のマーケティング学“青山マーケティング”の確立を目指しています。 2学科は学問的成果を共有し、ビジネスの最前線情報に接することができる授業を充実させるなどして、氾濫する情報に踊らされることなく、自ら意思決定を行い、未来を切り拓く力を養っていきます。 VIEW DETAIL バックナンバー No.305 掲載日/2024/6/10 「未来を拓く青学マインド」「伝える」ことで心にポジティブな変化を フジテレビ アナウンサー文学部 比較芸術学科卒業 校友・卒業生 井上 清華×宮本 莉子/吉田 実来 No.304 掲載日/2024/6/7 チームワークを発揮し予想外の成功を収めたハッカソン。その経験を衛星開発に生かす 理工学部物理・数理学科4年 物理科学コース 在学生 広司 知将×高城 栄紘 No.303 掲載日/2024/6/4 「過去に学び、本質を見極め、継承する」姿勢と「好き」をつなげて未来を切り拓く 文学部 史学科4年 在学生 平田 さくら No.302 掲載日/2024/5/21 青学空手道部の強さは、客観的な課題整理・分析とチームとしての目標共有にあり! <2023年度 学友会表彰(体育会表彰)最優秀選手受賞>社会情報学部 社会情報学科 4年 在学生 小泉 瑠寧 No.301 掲載日/2024/5/16 経済学部の学びで鍛えた「自ら考える力」「とことんやり抜く力」が成長の原動力に <2023年度 学生表彰受賞>経済学部 経済学科 3年 在学生 朝比奈 愛里子 No.300 掲載日/2024/5/13 就職へつながった実践知の獲得に励んだ日々。地域社会に貢献できるコンサルタントを目指す コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科 4年 在学生 赤澤 峻 × 磯崎 友臣 No.299 掲載日/2024/5/8 青山学院で学び得た、教育のリーダーシップ。子どもと同目線に立ち、未来の担い手を支える 東京・私立女子聖学院中学校・高等学校社会科教諭 教育人間科学部 教育学科卒業 校友・卒業生 小宮 佑介 No.298 掲載日/2024/5/7 学内での幅広い学びと学外でのさまざまな経験で自分の世界が大きく広がった 法学部法学科 3年 在学生 手塚 颯一朗 No.297 掲載日/2024/4/30 入学時からの努力で開いた公認会計士への道。誠実に財務諸表と向き合い監査の価値を高める 有限責任監査法人トーマツ経済学部 経済学科卒業 校友・卒業生 鈴木 優花 No.296 掲載日/2024/4/22 機敏なトライアル&エラーとブレない熱意でコミュニケーションの未来を描く ソニー株式会社 技術開発研究所理工学部 情報テクノロジー学科卒業 校友・卒業生 鈴木 龍一 No.295 掲載日/2024/4/8 「未来を拓く青学マインド」学生時代を振り返って伝える。今しかできないことの大切さ。 女優文学部 英米文学科卒業 校友・卒業生 田中みな実 No.294 掲載日/2024/4/2 「未来を拓く青学マインド」失敗の経験こそ成長のエネルギーに 読売ジャイアンツ スコアラー経営学部 経営学科 校友・卒業生 志田宗大×牛田洋基 No.293 掲載日/2024/3/29 チーム一丸となってつかんだ箱根駅伝の栄冠。部活に、勉強に、全力で駆け抜けた大学生活 社会情報学部 社会情報学科 4年地球社会共生学部 地球社会共生学科 4年 在学生 赤坂 匠×渡會 留那 No.292 掲載日/2024/3/27 「未来を拓く青学マインド」多様性と個の時代の経営術 株式会社BuddyCompass代表取締役社長理工学部 経営システム工学科卒業 校友・卒業生 高石 大地×水野 晴香 No.291 掲載日/2024/3/25 パワーリフティングとボディビル、2つの競技で全国優勝。卒業後は新聞記者に <2023年度 学友会表彰(体育会表彰)最優秀選手受賞>総合文化政策学部 総合文化政策学科 4年 在学生 堀越 百恵 No.290 掲載日/2024/3/19 初学者も確実に身に付くフランス文学科のカリキュラム。留学経験を今後の人生の指針に 文学部フランス文学科 3年 在学生 加藤 みなみ No.289 掲載日/2024/3/18 「未来を拓く青学マインド」ワクワクを大切に、国際社会に挑戦する人生を切り拓く 外務省文学部 英米文学科卒業 校友・卒業生 島根 玲子×説田 祥奈/一色 里菜× 平嶺 日菜 No.288 掲載日/2024/3/15 留学と海外インターンシップで得た積極性と多様な視点で、グローバルな活躍を目指す 国際政治経済学部国際政治学科 3年 在学生 赤尾 日菜 No.287 掲載日/2024/3/4 「世界を舞台に活躍したい」そんな夢を実現するために学科での学びと音楽活動に全力投球! 国際政治経済学部国際コミュニケーション学科 3年 在学生 西 隆誠 No.286 掲載日/2024/2/26 「未来を拓く青学マインド」「今の自分」を信じていざマウンドへ 東京ヤクルトスワローズ文学部 史学科 校友・卒業生 石川 雅規×常廣 羽也斗/下村 海翔 No.285 掲載日/2024/2/20 憧れの世界につながる学び。一歩を踏み出せば、夢もその手に掴める近さに 総合文化政策学部総合文化政策学科 3年 在学生 谷 真唯子 No.284 掲載日/2024/2/14 コンセプトが実際に走る車に。多くの部署や人と連携して夢を具現化する自動車開発 株式会社日産オートモーティブテクノロジー車両プロジェクト統括部 車両計画グループ 校友・卒業生 井戸 将統 No.283 掲載日/2024/2/9 「未来を拓く青学マインド」好きなことに夢中になる経験は宝物 総合文化政策学部 総合文化政策学科 教授 教員・学生 福岡 伸一×石田 晴基 No.282 掲載日/2024/2/6 音・吸音研究を通じて、安心して生活できる環境づくりに貢献したい 理工学部 機械創造工学科 4年千葉・私立志学館高等部出身 在学生 小塙 和輝 No.281 掲載日/2024/1/31 「ものづくりを通じて誰かを笑顔に」をテーマにゲーム制作の道を目指す 理工学部 情報テクノロジー学科 4年東京・私立早稲田高等学校出身 在学生 藤田 滉大 No.280 掲載日/2024/1/17 「未来を拓く青学マインド」人とつながり、世界に貢献する研究者 理工学部 化学・生命科学科教授 教員・学生 長谷川 美貴×水田 優里/高瀬 さちか No.279 掲載日/2024/1/11 国際金融を軸に日本と諸外国の架け橋を目指して。留学から始まる人生の開拓 経営学部 交換留学生(オランダ・アムステルダム応用科学大学) 在学生 デービー・タンDavey Tan No.278 掲載日/2023/12/22 「世界で働く」夢を海外転職で実現。前向きなチャレンジで道を切り開いた Exa Innovation Studio 日本支社国際政治経済学部 国際コミュニケーション学科 校友・卒業生 荒堀 桐代 No.277 掲載日/2023/12/18 「未来を拓く青学マインド」人生で出会う興味から夢は生まれる 社会福祉法人三井記念病院文学部 教育学科心理学専修コース卒業 校友・卒業生 白杉 由香理×喜多 恵子 No.276 掲載日/2023/12/6 手探りで始めた医療機器の研究。ひたむきな情熱と周囲のサポートが推進する力に 理工学研究科 理工学専攻機械創造コース 博士前期課程 2年 在学生 上野 藍香 No.275 掲載日/2023/11/28 誰もが便利で安全な社会生活をおくれるように、制御工学を多方面へ応用する 理工学部電気電子工学科 教員・学生 米山 淳 × 松尾 明実 No.274 掲載日/2023/11/21 ウェアラブルデバイスで、健康・快適・楽しい生活をつくり出す 理工学部 情報テクノロジー学科ウェアラブル環境情報システム研究室 教員・学生 ロペズ,ギヨーム 教授×大久保 紗恵 No.273 掲載日/2023/11/16 「未来を拓く青学マインド」目標を明確にし、自分を客観視する 浦和レッドダイヤモンズ経営学部 経営学科卒業 校友・卒業生 小泉 佳穂×長澤 広大/山澤 剛瑠 No.272 掲載日/2023/11/13 キャリアの可能性の扉を開いた日本との心の絆、青山学院大学への留学 国際政治経済学部 交換留学生(イタリア・ボローニャ大学) 在学生 マリオ・フィリップ・ルメルMario Philipp Rummel No.271 掲載日/2023/11/9 データ分析を用いて企業の競争力向上や消費者の意志決定の要因を探る 理工学部 経営システム工学科イノベーション・マネジメント研究室 教員・学生 大内 紀知 教授×南藤 / 山本 No.270 掲載日/2023/10/26 「社会心理学」の研究を続け、受賞に輝く。この先は磨いたスキルを生かし、社会に貢献を 社会情報学研究科 社会情報学専攻社会情報学コース 博士前期課程 2年 在学生 比留間 圭輔 No.269 掲載日/2023/10/24 「つくる」にこだわり、ICTと工学システムの力で社会問題を解決する 社会情報学部社会情報学科 教員・学生 宮治 裕 教授 × 薄井 百花 No.268 掲載日/2023/10/18 思い込みや偏見をなくし、誰もが自分らしくいられる社会を実現したい 文学部 フランス文学科 4年神奈川県立鎌倉高等学校出身 在学生 坂本 涼華 No.267 掲載日/2023/10/17 授業で鍛えたプレゼン能力が武器に 「相手のために」の思いがかなう生命保険業界へ 経営学部経営学科 4年 在学生 草野 海斗 No.266 掲載日/2023/10/13 自分が心からやりたいことを求めて化粧品業界への道を選ぶ 理工学部機械創造工学科 4年 在学生 山本 航 No.265 掲載日/2023/10/10 積極的に行動して身に付いた知識と問題解決思考でコンサルティングファームに挑む 地球社会共生学部 地球社会共生学科 4年 在学生 村山 羽菜 No.264 掲載日/2023/10/4 授業で魅了された「建築」を究めるため全力で学び、卒業後は周囲に喜んでいただける仕事を 総合文化政策学部総合文化政策学科 4年 在学生 長山 明里 No.263 掲載日/2023/10/2 青学だからこそ叶った子供の頃からの夢。当事者に寄り添える報道記者に 国際政治経済学部国際政治学科 4年 在学生 高木 郁弥 No.262 掲載日/2023/9/29 社会情報学部での学びと、他者の2倍も3倍もの努力で、日本での就職の夢を実現 社会情報学部社会情報学科 4年 在学生 JO SENA(ジョ セナ) No.261 掲載日/2023/9/26 「私らしく」生きることができる青山学院大学での学び、日本・東京・渋谷の魅力 国際政治経済学部 交換留学生(アメリカ・バーモント大学) 在学生 ベロニカ・ルースVeronica Ruth No.260 掲載日/2023/9/20 青山学院大学への交換留学:起業、大切な出会い、そして『萬葉集』英訳で発見した言語観 株式会社IU-Connect代表取締役アメリカ・ワシントン大学からの交換留学生 校友・卒業生 アーサー・ゼテスArthur Zetes No.259 掲載日/2023/9/12 友人へのライバル心が転機に前向きに学び成績アップ、インターンシップ先でも高評価 社会情報学部 社会情報学科 3年 在学生 関根 蒼真 No.258 掲載日/2023/9/8 授業や海外インターンシップを通じて、「小さな民」への支援と世界状況の理解に取り組む 地球社会共生学部 地球社会共生学科 3年 在学生 黒沢 舞衣 No.257 掲載日/2023/8/31 漠然とした興味を打ち込める専攻分野と将来の仕事につなげた理想の4年間 社会情報学部社会情報学科 社会・情報コース 4年 在学生 越河 虹哉 No.256 掲載日/2023/8/24 細かい検証から事実を探る歴史学に魅了され、計画性をもって剣道と勉学の文武両道を実現 <2023年度 学業成績優秀者表彰 奨励賞受賞>文学部 史学科 3年 在学生 森野 裕成 No.255 掲載日/2023/8/22 仲間との議論で新しい視点を得て、現場で真に役立つ法のあり方を考える <2023年度 学業成績優秀者表彰 奨励賞受賞>法学部 法学科 ヒューマン・ライツコース 4年 在学生 堀本 明里 No.254 掲載日/2023/8/14 人権保障と国際平和を希求し、苦しむ人を救うために「知る」を貫いた4年間 法学部法学科ヒューマン・ライツコース 4年 在学生 永澤 友睦 No.253 掲載日/2023/8/3 電気電子工学科での学びと出会いで広がった視野、身に付いた積極性 理工学部 電気電子工学科 3年 在学生 山上 椿 No.252 掲載日/2023/7/31 ブラックホールや超新星など人知を超えた世界だからこそ宇宙物理学は楽しい <2023年度学業成績優秀者表彰 最優秀賞受賞>理工学部 物理・数理学科 物理科学コース 4年 在学生 及川 凜 No.251 掲載日/2023/7/27 「国語科」×「図書館」教育の面白さを知った自由な学び。思考力を育てる教員を目指す <2021年度学業成績優秀者表彰 奨励賞受賞、2022年度学業成績優秀者表彰 最優秀賞受賞>教育人間科学部 教育学科 4年 在学生 樋口 海翔 No.250 掲載日/2023/7/25 学究の姿勢で金融工学研究に取り組み、培った数学力を社会で生かすことが目標 理工学部 物理・数理学科 数理サイエンスコース 4年 在学生 成川 泰正 No.249 掲載日/2023/7/21 幅広く芸術を学んで身に付いた、鑑賞力と印象を言語化して伝える力 <2022年度 学業成績優秀者表彰 奨励賞受賞>文学部 比較芸術学科 3年 在学生 東出 梨乃 No.248 掲載日/2023/7/19 成長のきっかけは思考錯誤を繰り返した専門分野の研究と課外活動 経済学部 経済学科 4年 在学生 梅田 瑞樹 No.247 掲載日/2023/7/14 学びの中で見えてきた自分の道データサイエンティストを目指して研究に打ち込む 理工学部 経営システム工学科 4年 在学生 目黒 心 No.246 掲載日/2023/7/11 文学の専門知識と研究経験を生かし作品の面白さを伝える教員に 文学部日本文学科 4年 在学生 柚木 優理菜 No.245 掲載日/2023/7/6 学業と競技の両立が自信に。心理とサーフィン 2つの「プロ」をめざして <2021年度、2022年度 学生表彰受賞>教育人間科学部 心理学科 2年 在学生 澤田 七奈緒 No.244 掲載日/2023/7/4 子どもと保護者を支えるため心理専門職へ。心理学の知見が支えに 愛の園ふちのべこども園教育人間科学研究科 心理学専攻臨床心理学コース博士前期課程修了 校友・卒業生 横尾 渚 No.243 掲載日/2023/6/29 転換期の中国を見つめることで世界の変化が見えてくる 国際政治経済学部国際政治学科 教員・学生 林 載桓 教授 × 三輪 涼香 No.242 掲載日/2023/6/14 「選手が輝くために何ができるか」を基軸に野球部主務の仕事も学部の学びも全力で取り組む 地球社会共生学部地球社会共生学科 4年 在学生 昆 加奈子 No.241 掲載日/2023/6/8 大空を舞台にグライダーで滑翔する楽しさとチームの大切さを知った体育会航空部 <2022年度 学友会表彰(体育会表彰)受賞>文学部 史学科 2年体育会航空部 在学生 瀬戸口 薫 No.240 掲載日/2023/6/6 勝利への執念を成長の糧に、体育会スキー部と学業を両立。目標はアルペン日本代表 <2022年度 学友会表彰(体育会表彰)最優秀選手 受賞>コミュニティ人間科学部 3年 在学生 上村 仁華 No.239 掲載日/2023/6/1 夢は日本のビジネスを支える弁護士。正確な知識と「説明できる力」で、司法試験に挑む <2022年度 学生表彰(個人)受賞>法学部 法学科 4年 在学生 髙谷 健太 No.238 掲載日/2023/5/29 世界一のメダルと指導者の夢に向かってボクシングも勉強も全力で 教育人間科学部 教育学科 2年 在学生 篠原 光 No.237 掲載日/2023/5/24 「世界でいちばん詳しい」という自負で取り組む炭素材料の研究と、人命救助の栄誉 <2022年度 学生表彰受賞>理工学研究科 理工学専攻 電気電子工学コース博士後期課程 2年 在学生 黒松 将 No.236 掲載日/2023/5/16 祖母への想いが背中を押したウクライナ避難民支援。国際政治学にも結びつく 国際政治経済学部国際政治学科 2年 在学生 知念 大虹 No.235 掲載日/2023/5/8 海外ボランティアで得られた2つの成長が専門分野の学びも変えた 理工学部物理科学科 1年 在学生 正木 篤志 No.234 掲載日/2023/5/2 演劇、劇団を裏から支え、舞台に込めたメッセージを一人でも多くの人に届けたい 劇団俳優座 取締役・演劇制作部総合文化政策学部 総合文化政策学科卒業 校友・卒業生 霜垣 真由美 No.233 掲載日/2023/4/27 ソーシャルメディアの可能性を見出し、経営者の道へ。未来を見据え、起業家育成に力を注ぐ 株式会社サイバー・バズ 代表取締役社長経営学部 経営学科卒業 校友・卒業生 髙村 彰典 No.232 掲載日/2023/4/21 青学での学びに導かれ、国連機関で持続可能な人間居住開発に従事 国際連合人間居住計画 (UN-Habitat)ケニア共和国駐在地球社会共生学部卒業 校友・卒業生 谷中 大翔 No.231 掲載日/2023/4/18 社会で生かせる真の力を養う理論と実践のスパイラル 経営学部経営学科 3年 在学生 久保田 尚 No.230 掲載日/2023/4/14 知識のインプットとアウトプットを繰り返し学びの成果を実感 経営学部マーケティング学科 2年 在学生 酒井 菜々子 No.229 掲載日/2023/4/12 グローバル化と国際ビジネスの課題について自ら「問い」を立て、「答え」を導き出す 経営学部経営学科 教員・学生 稲村 雄大 教授 × 松⽊ 崇寿 No.228 掲載日/2023/4/7 海外インターンシップで向上した英語力、ITスキル、行動力 経済学部現代経済デザイン学科 2年 在学生 豊島 丈 No.227 掲載日/2023/4/5 目的をモチベーションの源泉にグローバルビジネスで通用する力を身に付けたアメリカ留学 <2021年度学業成績優秀者表彰 優秀賞受賞>国際政治経済学部 国際経済学科 3年 在学生 淺賀 凪美 No.226 掲載日/2023/4/4 「リーガルマインド」を胸に臨んだ留学で見えた法学への思い 法学部 法学科ヒューマン・ライツコース 3年 在学生 石川 敬都 No.225 掲載日/2023/4/3 ジェンダーへの問題意識を中心にアクティブに学んで、行動し、将来は国際開発支援のプロも視野に 地球社会共生学部 地球社会共生学科 3年 在学生 吉原 佐保 No.224 掲載日/2023/3/30 今年創団70年の「青山学院大学応援団」新旧2人の団長が「応援」の魅力を語る 青山学院大学応援団 在学生 我妻 実玲 × 牧村 風司 No.223 掲載日/2023/3/28 憧れのロケットエンジンの研究に熱中できる喜びと感動が夢への原動力に 理工学部機械創造工学科 3年 在学生 中川 賢人 No.222 掲載日/2023/3/23 第二外国語で交換留学に挑戦。自分の目と心で異文化を学び、出会いを糧にスペイン語を習得 国際政治経済学部国際コミュニケーション学科 4年 在学生 伊藤 佳菜 No.221 掲載日/2023/3/15 「比較芸術」の名の通り、幅広く関心をもって自分の世界を広げていく 文学部比較芸術学科 3年 在学生 梅本 風花 No.220 掲載日/2023/3/13 留学で培った固定観念にとらわれない自分、そして日本人としてのアイデンティティー 総合文化政策学部総合文化政策学科 4年 在学生 中島 彩陽 No.219 掲載日/2023/3/8 自主性を養った大学での4年間。一歩ずつ階段を上り、夢のメジャーへ ボストン・レッドソックス社会情報学部 社会情報学科 校友・卒業生 吉田 正尚 No.218 掲載日/2023/3/6 心揺さぶるメッセージや未知の世界にふれる喜びをより多くの視聴者と共有したい 日本放送協会(NHK) チーフ・プロデューサー文学部 日本文学科卒業 校友・卒業生 小野 洋子 No.217 掲載日/2023/3/1 日本全国各地で積み重ねた「実践知」の先は「Iターン」で地域の未来と向き合う行政職に コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科 4年 在学生 大賀 真帆 No.216 掲載日/2023/2/28 ゼロから学んだ歴史学。数多くの文献や議論を通してその重要性に目覚めた 文学部史学科 4年 在学生 森 就 No.215 掲載日/2023/2/22 ビジネスに変革をもたらすDX。ユーザーのニーズをくみ取り成功への道筋を描く 株式会社NTTデータ経営研究所 コンサルタント社会情報学研究科 社会情報学専攻博士前期課程修了 校友・卒業生 吉田 智彦 No.214 掲載日/2023/2/20 教室で生きてはたらく論理的表現力を高める 教育人間科学部教育学科 教員・学生 長谷川 祥子 教授 × 高橋 南帆 No.213 掲載日/2023/2/16 学部で養った他者への想像力を生かし被災地に貢献する コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科 4年 在学生 菅野 睦子 No.212 掲載日/2023/2/14 自らマーケティング戦略を提案できる論理的思考力を2年間で身に付ける 経営学部マーケティング学科 教員・学生 芳賀 康浩 教授 × 小山 奈緒 No.211 掲載日/2023/2/9 対話を通して身に付ける他者とコミュニティをつくる力 コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科 教員・学生 齋藤 修三 教授 × 大阿久 春 No.210 掲載日/2023/2/7 子どもの生活に焦点をあて、地域や人々の課題、変化を捉える コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科 教員・学生 本庄 陽子 准教授 × 前川 彩夏 No.209 掲載日/2023/1/31 相互理解が仕事の第一歩。諸外国との協力を通じて安全保障に貢献する 防衛省 防衛装備庁装備政策部 国際装備課国際政治経済学部 国際経済学科卒業 校友・卒業生 井出 祐樹 No.208 掲載日/2023/1/25 ふたつの活動を掛けもちし、組織マネジメントのスキルや企画力が向上 社会情報学部 社会情報学科 4年理工宇宙科学研究部(CRC)学友会学生本部 在学生 寺内 龍太 No.207 掲載日/2023/1/17 化学と生命科学の分野を超えて、自分の興味を掘り下げる 理工学部化学・生命科学科 4年 在学生 青島 友葵 No.206 掲載日/2023/1/12 幼い頃から願う世界平和。国際政治学の研究を通じ夢の実現に取り組み続ける 国際政治経済学研究科 国際政治経済学専攻博士後期課程 2年 在学生 大槻 歩未 No.205 掲載日/2023/1/10 専攻テーマと向き合いながら将来への道を切り拓く刺激的な日々 国際政治経済学部国際経済学科 4年 在学生 大滝 哲志 No.204 掲載日/2022/12/22 情報と社会をつなぎ顧客の望みの一歩先を見据えるITのスペシャリストに 株式会社 NTTデータ ITサービス・ペイメント事業本部社会情報学部 社会情報学科卒業 校友・卒業生 川畑 友理恵 No.203 掲載日/2022/12/20 商品開発の“現場”を経験。「もっと知りたい」という情熱を行動につなげる 総合文化政策学部総合文化政策学科 3年 在学生 山口 莉果 No.202 掲載日/2022/12/15 複雑な要因が絡み合う人権問題に「当事者意識」を持って取り組む 法学部 法学科ヒューマン・ライツコース 4年 在学生 大井 拓也 No.201 掲載日/2022/12/13 世界の貧困問題を解決したい。その一途な思いでさまざまなアプローチを模索する日々 地球社会共生学部地球社会共生学科 4年 在学生 桂 潤弥 No.200 掲載日/2022/12/8 子どもの可能性を伸ばし誰もが自分らしくいられる環境づくりをめざす コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科 4年 在学生 諏訪 依吹 No.199 掲載日/2022/12/6 文学研究を通して問題意識と解決力を育む。いつか作品を生み出す人に 文学部日本文学科 3年 在学生 高野 椰 No.198 掲載日/2022/12/1 実践的なフランス語と専門分野の学びでさらなる高みをめざしたい 文学部フランス文学科 3年 在学生 福田 さくら No.197 掲載日/2022/11/28 多彩な知識を養う授業を通して、多角的な思考力と確かな英語力を習得 文学部英米文学科 3年 在学生 武田 ジャナ No.196 掲載日/2022/11/24 自ら積極的に行動すればいくらでも可能性が広がる環境で専門知識を磨く 理工学部電気電子工学科 4年 在学生 木村 心優 No.195 掲載日/2022/11/21 英米文学科で培った英語力を生かしたドイツ留学で大きく広がった視野と展望 文学部英米文学科 4年 在学生 宮田 良佳 No.194 掲載日/2022/11/15 あらゆる分野で必要となるデータに基づいて考えるスキルを磨く 社会情報学部社会情報学科 教員・学生 寺尾 敦 教授 × 並木 翔平 No.193 掲載日/2022/11/7 生命科学の視点で皮膚科学を重視した化粧品開発に携わる 全薬工業株式会社理工学研究科 理工学専攻生命科学コース 博士前期課程修了 校友・卒業生 天野 香織 No.192 掲載日/2022/11/2 学部・学科の枠を超えて多彩な関連科目を履修し、経済学の視座を高めた 経済学部経済学科 4年 在学生 齋木 李帆 No.191 掲載日/2022/10/27 夢は世界で活躍する実務家。その実現に向け、論理的かつ創造的な思考力を磨く 法学部法学科 4年 在学生 野口 倫太郎 No.190 掲載日/2022/10/25 魚をモデルにした研究で人間の病気や老化の解明に繋げる 理工学部 化学・生命科学科脳科学研究室 教員・学生 平田 普三 教授 × 安西 美玖 No.189 掲載日/2022/10/17 留学でひらけたビジョンは教育・開発分野での国際貢献 国際政治経済学部国際政治学科 3年 在学生 包國 遥太 No.188 掲載日/2022/10/14 就職活動の中断を経験するも自分を見つめ直して成長が期待できる企業へ 経営学部経営学科 4年 在学生 福西 澄子 No. 187 掲載日/2022/10/12 専門分野の学びを深めるために挑戦した初海外でのアメリカ交換留学 理工学部化学・生命科学科 4年 在学生 木下 彩 No.186 掲載日/2022/10/7 社会に貢献したい思いで酵母モデルの研究に打ち込み大学院修了後は食品の開発へ 理工学研究科 理工学専攻 生命科学コース博士前期課程 2年 在学生 藤田 聖也 No.185 掲載日/2022/10/6 将来への不安を学びに繋げてつかんだ自分だけのキャリア コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科 4年 在学生 山口 凌 No.184 掲載日/2022/10/3 何事にも手を抜かない真摯な努力が成長を導き、就職活動の糧に 国際政治経済学部国際政治学科 4年 在学生 望月 陽介 No.183 掲載日/2022/9/29 コミュニティ人間科学部での学びを指針として設計した2本の道で描く将来 <2022年度 学業成績優秀者表彰 優秀賞受賞>コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科 4年 在学生 福原 麻衣 No.182 掲載日/2022/9/26 「迷ったら行動」モチベーションは人を楽しませる未来をつくること 理工学部情報テクノロジー学科 4年 在学生 田中 秀 No.181 掲載日/2022/9/22 グローバルな活動で国家間の関係向上と世界の発展に貢献したい 国際政治経済学部国際政治学科 4年 在学生 HEO NAYOON(ホ ナユン) No.180 掲載日/2022/9/20 培った国際感覚や語学力を強みに未来を切り開く 地球社会共生学部地球社会共生学科 4年 在学生 ディアス・ペルネット・マリアナ・ルシア No.179 掲載日/2022/9/14 まちづくりを多角的に学び目指す地域への貢献 コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科 3年 在学生 大野 文也 No.178 掲載日/2022/9/12 理工学高度実践プログラムを利用して暗号資産の研究に2年次から着手 <2022年度 学業成績優秀者表彰 奨励賞受賞>理工学部 経営システム工学科 4年 在学生 水上 拓紀 No.177 掲載日/2022/9/8 論理的思考力で経済の仕組みを「数値化」し、社会問題にアプローチする <2022年度 学業成績優秀者表彰 優秀賞受賞>経済学部 現代経済デザイン学科 4年 在学生 鹿島 友里花 No.176 掲載日/2022/9/6 社会が抱える問題への気づきを得て思考を深める青学での学びの日々 総合文化政策学部 総合文化政策学科 3年 在学生 テイ ガイリン No.175 掲載日/2022/9/2 社会に役立つものづくり。成功から自信を、失敗からは強さを得た 社会情報学部 社会情報学科 4年 在学生 物部 柚香 No.174 掲載日/2022/8/30 勉学に励みながら、「心」に傷を負った人々に寄り添う方法を模索 <2022年度 学業成績優秀者表彰 奨励賞受賞>教育人間科学部 心理学科 4年 在学生 志村 純子 No.173 掲載日/2022/8/25 幅広いアプローチで「教育」を学び、将来の可能性が広がった 教育人間科学部 教育学科 4年 在学生 吉田 萌音 No.172 掲載日/2022/8/22 日本への留学を叶え、青学での学びを通して成長を実感 理工学部情報テクノロジー学科 3年 在学生 熊 雨翔(ユウ ウショウ) No.171 掲載日/2022/8/18 大学で実感した数学の厳密な論理や内容の奥深さ。抽象的議論の魅力も発見 理工学部 物理・数理学科数理サイエンスコース 4年 在学生 石川 健太 No.170 掲載日/2022/8/15 将来を模索していた私が経営学科で見定めた公認会計士という目標 経営学部 経営学科 4年 在学生 蓮沼 あやか No.169 掲載日/2022/8/12 歴史の客観的な学びには幅広い視野が不可欠 文学部史学科 東洋史コース 3年 在学生 CHOI JIIN(チェ ジイン) No.168 掲載日/2022/8/2 青学で触れた「物の理」専門性を生かして真実を伝える記者に 株式会社日経サイエンス 代表取締役社長理工学部 物理学科卒業 校友・卒業生 竹下 敦宣 No.167 掲載日/2022/7/29 青学で出会った留学生二人の、向学心を支える学びの環境 <2022年度学業成績優秀者表彰受賞>文学部 史学科 東洋史コース 4年 在学生 王 赫(オウ カク) ×黄 溢哲(コウ イツテツ) No.166 掲載日/2022/7/27 留学で見つけた天文学者になるという夢の続き 理工学研究科 理工学専攻 基礎科学コース博士後期課程 1年 在学生 盛 顯捷(セイ ケンショウ)  No.165 掲載日/2022/7/21 牧師・チャプレンとして 命と真正面から向き合う 日本福音ルーテル津田沼教会 牧師 病院チャプレン国際政治経済学部 国際政治学科卒業 校友・卒業生 関野 和寛 No.164 掲載日/2022/7/19 憧れの業界に対する熱意が綿密な企業研究を経て自信へと昇華 理工学部経営システム工学科 4年 在学生 宮島 壱登 No.163 掲載日/2022/7/14 消費者心理に好印象を与える「音の研究」がコンテストに入賞し、大きな自信に 経営学部マーケティング学科 4年 在学生 中村 桃華 No.162 掲載日/2022/7/12 ラグビー部で副将を務めた経験を生かし、めざすのは「社会の縁の下の力持ち」 法学部法学科 4年 在学生 相根 大和 No.161 掲載日/2022/7/7 IT分野を基礎から学び、ロボットの自動制御という専門領域の魅力に目覚める 理工学部情報テクノロジー学科 4年 在学生 斉藤 賢人 No.160 掲載日/2022/7/5 ソフトウェアが人間の知識を利用してより賢くなる未来へ 理工学部 情報テクノロジー学科知識工学研究室 教員・学生 森田 武史 准教授 × 澤村 勇輝 No.159 掲載日/2022/7/1 何事も全力で取り組み、子どもの「芽」を伸ばせる教員に 教育人間科学部教育学科 4年 在学生 村山 朋奈 No.158 掲載日/2022/6/28 自分で実験装置を一から作り答えのないテーマと向き合う日々が貴重な成長の機会に 理工学部物理・数理学科 * 物理科学コース4年 在学生 山本 あい No.157 掲載日/2022/6/23 英語に加えてゼロから勉強し始めたスペイン語の語学力はビジネスレベルへと成長 国際政治経済学部国際コミュニケーション学科 4年 在学生 八木 優斗 No.156 掲載日/2022/6/14 サービス・ラーニングから 始めた国際協力ボランティア 国際政治経済学部国際政治学科 4年 在学生 大塚 梨紗子 No.155 掲載日/2022/6/7 「行動を起こすこと」をサルトルから学び世界の諸問題を取材する記者に 日本放送協会(NHK) 国際放送局 国際企画部 企画・戦略グループ文学部 フランス文学科卒業 校友・卒業生 西川 光子 No.154 掲載日/2022/5/31 社会貢献を現場と教室で学ぶ「サービス・ラーニング科目」 青山スタンダード 教員・学生 大宮 謙 教授 × 古屋 美穂 No.153 掲載日/2022/5/25 学びとボランティアの相互作用で地域を元気に コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科 3年 在学生 小泉 彩乃 No.152 掲載日/2022/5/23 英語力を生かし単身で臨んだパワーリフティング世界大会 <2021年度 体育会表彰受賞> 文学部 英米文学科 4年 在学生 金子 将也 No.151 掲載日/2022/5/19 技術だけでは勝てない競技ダンスペアの一体感でつかんだ優勝 <2021年度 体育会表彰受賞>体育会競技ダンス部 在学生 木原 瑶万 × 武田 聡美 No.150 掲載日/2022/5/17 研究を通して積み重ねた挑戦と成功体験が大きな自信に <2021年度 学生表彰受賞>理工学研究科 理工学専攻 知能情報コース博士前期課程2年 在学生 花田 祥典 No.149 掲載日/2022/5/13 勉強も空手も手を抜かず全力で取り組んで結果を出す <2021年度 体育会表彰受賞>国際政治経済学部 国際経済学科4年 在学生 吉田 萌笑 No.148 掲載日/2022/5/10 金属加工の安全性と品質管理の課題に対する解決策の提供を目指して <2021年度 学生表彰受賞>理工学研究科 理工学専攻 機械創造コース博士前期課程2年 在学生 渡邉 一成 No.147 掲載日/2022/4/28 体育会サッカー部と両立して合格を果たした公認会計士試験 <2021年度学生表彰受賞>経営学部 経営学科 4年体育会サッカー部 副主将 在学生 宮崎 雅崇 No.146 掲載日/2022/4/26 オリジナルの分子を使って新たな核酸の検出手法を開発 <2021年度 学生表彰受賞>理工学研究科 理工学専攻 生命科学コース博士後期課程2年 在学生 蒔苗 宏紀 No.145 掲載日/2022/4/22 学業と両立させて獲得したeスポーツ日本一の栄冠 <2021年度 学生表彰受賞>法学部 法学科 ヒューマン・ライツコース 3年 在学生 樋口 孝治郎 No.144 掲載日/2022/4/15 自らの使命と信じてコーヒー生産者と消費者の”架け橋”を目指す 国際政治経済学部国際経済学科 4年 在学生 吉田 光佑 No.143 掲載日/2022/3/31 効率的に時間を活用して陸上競技部マネージャーと宇宙研究を両立 理工学部 物理・数理学科*4年 在学生 小柳 唯菜 No.142 掲載日/2022/3/15 サーバント・リーダーの精神の根底に息づくのは「社会への感謝」 株式会社パロマ 代表取締役会長兼社長経営学部 経営学科卒業 校友・卒業生 小林 弘明 No.141 掲載日/2022/3/8 文学で培った想像力を働かせ人の話を聞き、自分の声で伝える 日本放送協会(NHK) 名古屋放送局 アナウンサー文学部日本文学科卒業 校友・卒業生 藤井 彩子 No.140 掲載日/2022/2/25 大きな自信につながったテレビ番組でのアカペラ披露 経済学部経済学科 4年 在学生 小林 颯人 No.139 掲載日/2022/2/21 アフリカのザンビア共和国で多様な人々と協力し支援に打ち込む 独立行政法人国際協力機構(JICA) 現在ザンビア駐在国際政治経済学部 国際政治学科卒業 校友・卒業生 後藤 理沙 No.138 掲載日/2022/2/16 過酷な紛争地域で中立の立場を維持しながら人々に寄り添い支援を行う 赤十字国際委員会(ICRC)プロテクション・デリゲート(保護活動担当国際職員)法学部 公法学科(現・法学科)卒業 校友・卒業生 三田 真秀 No.137 掲載日/2022/2/14 19世紀フランスの文学と美術の関係を学び、文化への感受性を磨く 文学部フランス文学科 教員・学生 福田 美雪 准教授 × 酒井 李奈 No.136 掲載日/2022/2/9 文化政策の領域で実践する国際的な草の根の人間交流 独立行政法人国際交流基金総合文化政策学部卒業 校友・卒業生 関 友哉 No.135 掲載日/2022/2/7 主将として大切にしたチームメイトとコミュニケーション 理工学部機械創造工学科 3年 在学生 猪瀬 敦己 No.134 掲載日/2022/2/3 青学での学びを通して見つけた国際イベントで世界をつなぐ夢 国際政治経済学部国際コミュニケーション学科 4年 在学生 ユン ジウォン No.133 掲載日/2022/2/1 マーケティングの理論と実践知を身に付ける 経営学部マーケティング学科 在学生 代田 遥/速水 一樹 No.132 掲載日/2022/1/27 チャレンジスピリットで人の心を揺り動かしたい 文学部フランス文学科 4年 在学生 白井 智泰 No.131 掲載日/2022/1/25 コツコツと準備して臨んだ留学での経験が自分自身を見つめ直す契機に 国際政治経済学部国際コミュニケーション学科 4年 在学生 田中 初季 No.130 掲載日/2022/1/21 夢中で学んだ先に見据えるグローバルな活躍と日本社会への貢献 経済学部現代経済デザイン学科 4年 在学生 関口 景太 No.129 掲載日/2022/1/18 経営課題に対して様々な観点からアプローチできる将来のビジネスリーダーを育成する 経営学部経営学科 在学生 佐藤 凌雅/田中 綾華 No.128 掲載日/2022/1/14 地域の実情を知り、課題解決の力を育む地域実習 コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科 教員・学生 安井 年文 教授 × 目片 将大 No.127 掲載日/2022/1/12 ”文化の創造”を理念に創造の可能性を追究する 総合文化政策学部総合文化政策学科 在学生 大岩 史織/佐藤 有真 No.126 掲載日/2022/1/7 中国語と英語を両輪に青学の多様な学びで叶えた課外活動 文学部英米文学科 4年 在学生 南 愛莉 No.125 掲載日/2021/12/23 精密なベアリングの開発でカーボンニュートラルの未来を支える 日本精工株式会社自動車軸受技術センター 校友・卒業生 西澤 英雄 No.124 掲載日/2021/12/21 世界の多様性を学び、国際コミュニケーターの育成をめざす 国際政治経済学部国際コミュニケーション学科 在学生 石原 晴美/山下 結香 No.123 掲載日/2021/12/17 グローバルな課題に対し国際経済の視点から理解を深める 国際政治経済学部国際経済学科 在学生 小石 拓弥/本島 志泰 No.122 掲載日/2021/12/14 イギリス近現代史を通して、自分と異なる他者に向き合う 文学部史学科 教員・学生 稲垣 春樹 准教授 × 伊藤 真子 No.121 掲載日/2021/12/9 世界中の人々と共に生きるための専門知識と実行力を身に付ける 地球社会共生学部地球社会共生学科 在学生 小林 優花/新屋 菜奈 No.120 掲載日/2021/12/7 速報実証衛星 ARICAの開発およびその打ち上げを振り返る 理工学部 物理科学科坂本貴紀教授研究室 教員・学生 坂本 貴紀 教授 × 畑 / 鴨志田 No.119 掲載日/2021/12/2 現代社会の問題を見出し、より良い世界を作りたい 国際政治経済学部国際政治学科 4年 在学生 新井場 美咲 No.118 掲載日/2021/11/29 人々の生活を守り、社会に変革をもたらす材料の強度研究 理工学部 機械創造工学科材料強度学研究室 教員・学生 蓮沼 将太 准教授 × 加藤 裕太 No.117 掲載日/2021/11/26 法的な思考力を鍛え、一貫性をもって主張できる人へ 法学部法学科 3年 在学生 菅野 詢子 No.116 掲載日/2021/11/22 世界の人権問題を見つめ、多面的な視点から真の課題や原因を法で解決 法学部法学科ヒューマン・ライツコース 3年 在学生 北田 律 No.115 掲載日/2021/11/18 いつも心にある母校青学でのかけがえのない日々 TBSアナウンサー文学部英米文学科卒業 校友・卒業生 江藤 愛 No.114 掲載日/2021/11/15 「公共性」への理解を深め誰もが暮らしやすい社会づくりを目指す 経済学部現代経済デザイン学科 3年 在学生 二宮 広大 No.113 掲載日/2021/11/8 経済学の広大な学問領域で自らの興味を追究する 経済学部経済学科 在学生 箱崎 響/宮脇 七海 No.112 掲載日/2021/11/4 人を助けたいという変わらない思いを胸に追いかける心理師という夢 教育人間科学部心理学科 3年 在学生 吉田 麻衣奈 No.111 掲載日/2021/11/1 あらゆる観点から人間に迫ることで見えた教育の形 教育人間科学部教育学科 3年 在学生 中村 彩芳 No.110 掲載日/2021/10/28 芸術への見方が変わる比較芸術学科の五感を通じた学び 文学部比較芸術学科 3年 在学生 町田 大悟 No.109 掲載日/2021/10/26 多様な分野の中で培った 多角的視点そしてさらなる歴史の探究へ 文学部史学科 4年 在学生 大杉 耀歩 No.108 掲載日/2021/10/22 言語の本質と向き合い、英語教員になる夢の実現を目指す 文学部英米文学科 3年 在学生 中薗 太郎 No.107 掲載日/2021/10/19 文学・語学・日本語教育という多彩な研究対象を通して 文学部日本文学科 在学生 松嶋 玲衣/小舟 萩 No.106 掲載日/2021/10/11 ありのままの姿で納得いくまでやりきった就職活動 教育人間科学部心理学科 4年 在学生 森下 菜々子 No.105 掲載日/2021/10/8 起業の挑戦を支える経済学の学びから得た思考法と他者貢献への思い 経済学部現代経済デザイン学科4年 在学生 柏倉 元太 No.104 掲載日/2021/10/6 仕事で成し遂げたい夢は未来で当たり前になる価値の創造 法学部法学科ヒューマン・ライツコース4年 在学生 今泉 啓 No.103 掲載日/2021/9/29 入念な準備で発見できた本当にやりたい仕事 理工学部化学・生命科学科4年 在学生 小久保 澪 No.102 掲載日/2021/9/24 豊富な留学経験を生かして世界と日本の橋渡しを目指す 地球社会共生学部地球社会共生学科4年 在学生 梶谷 志輝 No.101 掲載日/2021/9/17 研究環境が整う機械創造工学科で見つけた将来の目標 理工学部機械創造工学科 在学生 小島 有紀子/上野 慧 No.100 掲載日/2021/9/14 多彩な学びに好奇心を刺激され、自分の興味を追究する日々 地球社会共生学部 地球社会共生学科 4年 在学生 田島 理沙 No.99 掲載日/2021/9/10 国際舞台で活躍する日を夢見てイギリスの大学院進学を目指す 経済学部 現代経済デザイン学科 4年 在学生 荘 禮陽 No.98 掲載日/2021/9/9 懸命に努力し、学び続けた自分を誇れるように 文学部 フランス文学科4年 在学生 矢澤 美咲 No.97 掲載日/2021/9/3 経営システム工学科の学びで現代社会の発展に貢献したい 理工学部 経営システム工学科 在学生 尾下 幸輝/松原 亮馬 No.96 掲載日/2021/8/31 人を楽しませる仕事でグローバルに活躍 株式会社バンダイ 欧米事業部地球社会共生学部卒業 校友・卒業生 谷口 憲 No.95 掲載日/2021/8/27 電気電子工学科の学びで社会や人々の生活を豊かにする 理工学部電気電子工学科 在学生 須田 彩希帆 / 山崎 絢子 No.94 掲載日/2021/8/24 幅広く学べる化学・生命科学科で新たな知的好奇心と出会う 理工学部化学・生命科学科 在学生 女屋 祐奈 / 野田 直輝 No.93 掲載日/2021/8/17 世界中の人々が境界線を超えて互いに学び合う世界を創りたい World Road Inc. CEO/共同代表国際政治経済学部卒業 校友・卒業生 市川 太一 No.92 掲載日/2021/8/12 被災地でのボランティアを通して感じた、見えづらい部分に気づく大切さ コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科2年 在学生 阿部 航大 No.91 掲載日/2021/8/6 プログラミングの奥深さにふれ、漠然とした興味が将来の明確な目標へ変化 理工学部情報テクノロジー学科3年 在学生 石井 尚悟 No.90 掲載日/2021/8/3 地域活動の実践を補完するコミュニティ人間科学部での学び コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科2年 在学生 吉原 あさひ No.89 掲載日/2021/7/28 数学の知見を生かし、 自分の考えを社会に発信 理工学部物理・数理学科 数理サイエンスコース3年 在学生 朝原 健翔 No.88 掲載日/2021/7/21 宇宙の謎をきっかけに物理学の奥深さを発見 理工学部物理・数理学科 物理科学コース3年 在学生 伊澤 梓実(いざわ あずみ) No.87 掲載日/2021/7/16 学際的・実践的な学びにふれて見出した将来の目標 社会情報学部社会情報学科3年 在学生 森本 千香子 No.86 掲載日/2021/7/12 スポーツマネジメントで パラスポーツを通じたD&#038;I*社会の実現へ 日本財団パラリンピックサポートセンター経営学部卒業 校友・卒業生 影山 範子 No.85 掲載日/2021/7/8 青学で広げた視野と深めた知識を携えボルダリングで世界へ 総合文化政策学部 総合文化政策学科4年 在学生 中村 真緒 No.84 掲載日/2021/7/5 目標だった1部リーグ昇格を果たし最後のリーグ戦では優勝を狙う <2020年度 体育会表彰受賞>経済学部 経済学科4年 在学生 泉口 友汰 No.83 掲載日/2021/7/2 コミュニティ人間科学部で学ぶ“地域”陸上競技部で目指す“世界” <2020年度 体育会表彰受賞>コミュニティ人間科学科2年 在学生 高島 咲季 No.82 掲載日/2021/6/28 一人ひとりの個性に寄り添いその子らしさを輝かせる 東京都世田谷区立旭小学校 教諭教育人間科学部卒業 校友・卒業生 山本 梨衣奈 No.81 掲載日/2021/6/23 青学だからできた共同研究と国際会議での受賞 <2020年度 学生表彰受賞><2021年度 学業成績優秀者表彰 最優秀賞受賞>理工学研究科 理工学専攻 博士前期課程2年 在学生 石井 峻 No.80 掲載日/2021/6/15 小説執筆にも生きている法学で培った言葉と思考する力 タレント、作家法学部卒業 校友・卒業生 加藤 シゲアキ No.79 掲載日/2021/6/14 特殊な炭素素材で作った高効率の透明アンテナで通信の未来を開く 理工学部電気電子工学科 教員・学生 黄 教授 × 橋本 教授 × 小菅 祥平 No.78 掲載日/2021/6/4 思いがけない受賞から得た大きな自信とチャレンジ精神 <2020年度 学生表彰受賞>総合文化政策学部 総合文化政策学科4年 在学生 松永 千佳 × 濱田 怜衣 No.77 掲載日/2021/5/24 日本のモノづくりを支え、世界市場の信頼に応える 三菱電機株式会社静岡製作所資材部 購買第二課法学部卒業 校友・卒業生 千田 智也 No.76 掲載日/2021/4/26 学生時代に全力で探求したマーケティングと自分らしさ 株式会社コーセーコンシューマーブランド事業部経営学部卒業 校友・卒業生 片山 詩織 No.75 掲載日/2021/4/23 ヒューマンライツの学びから自分ごととしてとらえた社会問題 時事通信社仙台支社編集部法学部卒業 校友・卒業生 村上 顕也 No.74 掲載日/2021/4/15 ミスキャンパスの声を社会課題解決に生かし女性目線でより良い世界をつくる 凸版印刷株式会社総合文化政策学部卒業 校友・卒業生 中山 柚希 No.73 掲載日/2021/4/14 いまの私を形づくる大学時代の学びやともに成長した友人との出会い フジテレビ アナウンサー国際政治経済学部卒業 校友・卒業生 三田 友梨佳 No.72 掲載日/2021/4/12 陸上競技に打ち込めるのは周囲の方々のおかげ 総合文化政策学部総合文化政策学科4年 在学生 飯田 貴之 No.71 掲載日/2021/3/31 国際人権法を国内でどう活かすか 法学部法学科 教員・学生 申 惠丰 教授 × 宮田 / 田中 No.70 掲載日/2021/3/29 青学TVで学んだ 「挑戦と発信」で手に入れた 充実の4年間 青学TV編集室総合文化政策学部総合文化政策学科4年 在学生 渡邊 慈子 No.69 掲載日/2021/3/26 「駅伝タイムズ」での出会いと経験が大きな糧に 青学TV編集室文学部比較芸術学科4年 在学生 安田 莉菜 No.68 掲載日/2021/3/24 大学の先生や卒業生からも手厚い指導を受けずっと夢だった小学校教諭に 教育人間科学部教育学科4年 在学生 鈴木 咲弥 No.67 掲載日/2021/3/22 人とのつながりを大切にして相手の立場から合理的な判断を 日本IBM株式会社グローバルビジネスサービス事業本部経営学部卒業 校友・卒業生 久保田 勇輝 No.66 掲載日/2021/3/16 青学だったからこそできた駅伝出走、学び、留学、そして就職 地球社会共生学部地球社会共生学科4年 在学生 神林 勇太 No.65 掲載日/2021/3/8 大学で見つけた新しい可能性と将来の目標 理工学部電気電子工学科4年 在学生 近藤 佑樹 No.64 掲載日/2021/3/5 自分の限界を作らないたゆまぬチャレンジ精神でつかんだ金賞 経営学部マーケティング学科芳賀 康浩教授ゼミナール 在学生 出井 実咲 × 宮宇地 柚希 No.63 掲載日/2021/3/1 旅行ガイドブックをもとにしたバンコクの空間分析及び観光学全般 地球社会共生学部地球社会共生学科 教員・学生 林 拓也 教授 × 佐久山 琳 No.62 掲載日/2021/2/26 長期インターンシップなどで得た経験を糧に、将来の活躍を目指す 国際政治経済学部国際経済学科4年 在学生 岩佐 駿佑 No.61 掲載日/2021/2/22 “自信のない自分”と決別して、前向きにトライできるように 経営学部経営学科4年 在学生 中江 里帆 No.60 掲載日/2021/2/19 災害時に地図情報で被災地を救うサーバント・リーダー 青山学院大学地球社会共生学部 教授 教職員 古橋 大地 No.59 掲載日/2021/2/12 大学での学びを部活動に活用その経験が生きた就職活動 体育会ラクロス部(男子)経営学部マーケティング学科4年 在学生 八尾 陸太 No.58 掲載日/2021/2/5 サークル創設後に待っていた仲間との宝物のような日々 フラサークル「Uluwehi(ウルヴェヒ)」文学部史学科4年 在学生 田﨑 祥子 No.57 掲載日/2021/1/26 国際交流と留学支援のためのグローバルなイベントを主催 文学部英米文学科3年 在学生 渡邊 陽祐 No.56 掲載日/2021/1/21 オンライン青山祭を一つの契機に学園祭に進化を 法学部法学科3年 在学生 飯塚 亮斗 No.55 掲載日/2021/1/15 多様化するメディア 経営学部マーケティング学科 教員・学生 久保田 進彦 教授 × 荒井 / 山口 No.54 掲載日/2021/1/13 銀行内定のカギはコミュニケーション力とオンライン面接対策 社会情報学部社会情報学科4年 在学生 深井 駿介 No.53 掲載日/2021/1/8 まず自分を知り、そして人とのつながりを大切にする 国際政治経済学部国際経済学科4年 在学生 青木 宏将 No.52 掲載日/2021/1/6 新聞編集委員会での経験が学生生活を彩り、就活へとつながった 新聞編集委員会 委員長社会情報学部社会情報学科4年 在学生 笛田 桃 No.51 掲載日/2020/12/21 大学礼拝に携わることが、自由で楽しい大学生活のエネルギー源に ワーシップチーム総合文化政策学部総合文化政策学科4年 在学生 杉田 流司 No.50 掲載日/2020/12/17 広告はコミュニケーション、社会に“良い関係”を増やしたい 株式会社博報堂国際政治経済学部卒業 校友・卒業生 神木 亮 No.49 掲載日/2020/12/14 途上国の人々に寄り添うサーバント・リーダー 独立行政法人 国際協力機構(JICA)国際政治経済学部卒業 校友・卒業生 伊藤 美和 No.48 掲載日/2020/12/11 「興味を持ったらやってみる!」の精神で、学生生活を有意義に 学友会本部準備委員会法学部法学科3年 在学生 小正路 大成 No.47 掲載日/2020/12/7 総合文化政策学部で学ぶアートマネジメントにワクワクする毎日 総合文化政策学部総合文化政策学科4年 在学生 赤木 佑衣 No.46 掲載日/2020/12/1 社会心理学、対人コミュニケーション 教育人間科学部心理学科 教員・学生 繁桝 江里 准教授 × &#26625;生 澪央 No.45 掲載日/2020/11/30 「銀行員日本代表」として、和の心で人を繋ぐ 三菱UFJ銀行ニューヨーク支店ヒューストン出張所Vice President経済学部卒業 校友・卒業生 鈴木 浩介 No.44 掲載日/2020/11/26 日本で得た知識を中国ならではの幼児教育に昇華させたい 教育人間科学部教育学科2年 在学生 李 康 No.43 掲載日/2020/11/26 宇宙へのロマンを抱き続け、追究したことで夢をつかめた 理工学部物理・数理学科4年 在学生 伊藤 彩加 No.41 掲載日/2020/10/22 就職活動での自己分析は、「強い意志」と「縁の下の力持ち」 文学部英米文学科4年 在学生 小池 菜央 No.39 掲載日/2020/10/12 学生時代に「全力投球」の自信が社会での力に パナソニック システムソリューションズジャパン株式会社理工学部卒業 校友・卒業生 鶴井 健太郎 No.38 掲載日/2020/10/8 就活では海外インターンシップを経験。世界を舞台に働く夢が叶う 経済学部経済学科4年 在学生 木村 聡太郎 No.37 掲載日/2020/10/5 次の社会を担う若きサーバント・リーダー 文学部/地球社会共生学部国際政治経済学部 在学生 堀内 秀平/岡田 一樹/青山 夢 No.36 掲載日/2020/9/29 数学とサッカーをこよなく愛するリケジョから「頼れる教員」に 神奈川県立霧が丘高校 数学教員理工学部卒業 校友・卒業生 長田 瑞穂 No.35 掲載日/2020/9/23 気象情報で人と社会を支援するサーバント・リーダー 株式会社ウェザーニューズ代表取締役社長理工学部卒業 校友・卒業生 草開 千仁 No.34 掲載日/2020/9/16 原子物理(量子制御、リュードベリ原子) 理工学部物理・数理学科(2021年度より、「物理科学科」「数理サイエンス学科」に改編) 教員・学生 前田 はるか 教授 × 鈴木 貴大 No.33 掲載日/2020/9/14 多様な価値観を知って、より意欲的な行動につなげる 国際政治経済学部国際コミュニケーション学科3年 在学生 河野 くるみ No.32 掲載日/2020/9/11 位相幾何学 理工学部物理・数理学科(2021年度より、「物理科学科」「数理サイエンス学科」に改編) 教員・学生 中山 裕道 教授 × 安井 崇 No.31 掲載日/2020/9/10 生活インフラを整え、便利で豊かな暮らしへ導ける仕事に就く 地球社会共生学部地球社会共生学科4年 在学生 斎藤 瑠依 No.30 掲載日/2020/9/8 「ビジネスで世界を変える」。夢が走り続ける力に 丸紅株式会社 化学品本部丸紅米国会社 シリコンバレー支店文学部卒業 校友・卒業生 髙橋さつき No.29 掲載日/2020/8/4 青山学院大学で学ぶ私たち part 6(青山スタンダード) 総合文化政策学部/理工学部コミュニティ人間科学部/文学部 在学生 米田 七海/泉田 威吹 ほか No.28 掲載日/2020/8/4 青山学院大学で学ぶ私たち part 5 経営学部/国際政治経済学部/総合文化政策学部 在学生 西邨 彩乃/池田 怜央 ほか No.27 掲載日/2020/8/4 青山学院大学で学ぶ私たち part 4 教育人間科学部/経済学部/法学部 在学生 岩田 直樹/梶井 ももか ほか No.26 掲載日/2020/8/4 青山学院大学で学ぶ私たち part 3 文学部 在学生 槇永 めりっさ/横関 木蘭 ほか No.25 掲載日/2020/7/31 学びや気付きをくれた地域ボランティア 青山子ども会教育人間科学部/経営学部/国際政治経済学部 在学生 齋藤 悠治/澤田 創/松本 瑛美 No.24 掲載日/2020/7/21 青山学院大学で学ぶ私たち part 2 社会情報学部/地球社会共生学部コミュニティ人間科学部 在学生 金谷 智恵/舘山 聖奈/鈴木 朝登 No.23 掲載日/2020/7/21 青山学院大学で学ぶ私たち part 1 理工学部 在学生 五十嵐 直樹/ 松澤 優実 ほか No.22 掲載日/2020/7/20 わたしたちが発信する青山学院大学の魅力 part 2 キャンパスツアーガイドボランティア(CTGV)文学部日本文学科 3年 在学生 松浦 史歩 No.21 掲載日/2020/7/16 工場の完全自動化という目標のため効率的な鋳造技術を研究 〈2019年度学生表彰受賞〉理工学部機械創造工学科4年 在学生 鈴木 凜汰郎 No.20 掲載日/2020/7/13 練習の見直しと意識改革で諦めなかった優勝 卓球部(女子)〈 2019年度体育会表彰受賞 〉総合文化政策学部 3年 在学生 熊中 理子 No.19 掲載日/2020/7/10 わたしたちが発信する青山学院大学の魅力 part 1 オープンキャンパス学生スタッフ(OCS)経営学部経営学科 3年 在学生 森 歩美 No.18 掲載日/2020/7/8 直感から始まった研究が金賞受賞という大きな結果に 芳賀 康浩ゼミナール〈 2019年度学生表彰受賞 〉経営学部 経営学科 4年 在学生 鳥羽 輝 No.17 掲載日/2020/3/5 学びが広げる「地域」へのアンテナ コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科1年 在学生 岩下 貴史 No.16 掲載日/2020/2/28 生命情報科学 理工学部化学・生命科学科 教員・学生 諏訪 牧子 教授 × 蝦名 里月 No.15 掲載日/2020/2/20 私たちの目に映るジャパニーズカルチャー 経営学部交換留学生法学部法学科3年 在学生 BEST, Tyler Leo / BAEK HYEIN No.14 掲載日/2019/12/20 仲間と過ごした時間が生み出す新しい音の重なり 青山学院管弦楽団文学部 比較芸術学科 3年 在学生 鈴木 愛弥 No.13 掲載日/2019/12/13 キャンドルの灯りで温もりのある風景を作り出す 一般社団法人日本キャンドル協会 代表理事国際政治経済学部卒業 校友・卒業生 神田 悠 No.12 掲載日/2019/12/2 マーケティングデータ分析 経営学部マーケティング学科 教員・学生 横山 暁 准教授 × 永田 佳奈 No.11 掲載日/2019/7/31 公共選択論、地方財政 経済学部現代経済デザイン学科 教員・学生 西川 雅史 教授 × 大藤 岬 No.10 掲載日/2019/6/21 同じ街、同じ大学をそれぞれの視線で見つめて 国際政治経済学部 国際経済学科4年総合文化政策学部 総合文化政策学科3年 在学生 児玉 愛/ラシリカ・バイオレット No.9 掲載日/2019/3/30 どんなときも「自分で考えられる人」になるために 青山学院大学演劇研究会 会長文学部日本文学科 3年 在学生 伊賀 彩夏 No.8 掲載日/2019/2/28 コミュニケーション、メディア、言語習得、言語政策、教育政策 地球社会共生学部地球社会共生学科 教員・学生 菊池 尚代 准教授 × 竹中 美貴 No.7 掲載日/2019/2/28 コミュニティや社会活動における学習 社会情報学部社会情報学科 教員・学生 香川 秀太 准教授 ×木田 圭祐 No.6 掲載日/2019/1/17 心を通わせるおもてなしが東京と世界を繋ぐ 東京都政策企画局外務部国際政治経済学部卒業 校友・卒業生 木村 恵美子 No.5 掲載日/2018/7/31 現代演劇の〈現場〉/〈プロジェクト〉としての演劇 総合文化政策学部総合文化政策学科 教員・学生 竹内 孝宏 教授 × 福井 みゆう No.4 掲載日/2018/6/15 世界を巡って見つけた「本当の豊かさ」を生み出すために 株式会社ワイス・ワイス 代表取締役社長経済学部卒業 校友・卒業生 佐藤 岳利 No.3 掲載日/2018/5/31 多文化社会の諸相 国際政治経済学部国際コミュニケーション学科 教員・学生 抱井 尚子 教授 × 大勝 杏奈 No.2 掲載日/2018/3/19 少女時代の「外国への憧れ」がグローバルな仕事に向かう原動力に エア・カナダ 日本支社長文学部卒業 校友・卒業生 ワイス貴代 No.1 掲載日/2018/3/19 留学や多様な仲間との出会いで国際感覚を磨き、世界へ 国際政治経済学部国際コミュニケーション学科 4年 在学生 近藤 咲子 *掲載されている人物の在籍年次や役職、活動内容等は、特記事項があるものを除き、原則取材時のものです。 学部選択 文学部 教育人間科学部 経済学部 法学部 経営学部 国際政治経済学部 総合文化政策学部 理工学部 社会情報学部 地球社会共生学部 コミュニティ人間科学部 分野選択 ゼミ・研究室 国際・留学 進路・就職 課外活動 校友・卒業生 150周年 Copyright © Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.

サッカーuefaチャンピオンズリーグ ステークカジノのエディ社長との一攫千金トーナメント ミスティーノカジノ稼ぐ 初回入金ボーナスマニュアル|ライブカジノハウス
Copyright ©ステークカジノのエディ社長との一攫千金トーナメント The Paper All rights reserved.